トレンディウォーカーTOP ≫  食べ物 ≫  【貝印スイーツ甲子園!?】 お菓子のパティシエ日本ナンバーワンを決める高校生大会!!

【貝印スイーツ甲子園!?】 お菓子のパティシエ日本ナンバーワンを決める高校生大会!!

スイーツ(笑)という言葉が流行ってからなんともこの言葉自体のイメージが下がったような気もしますが
そんな最中、スイーツ甲子園と称する高校生パティシエ日本ナンバーワンを決める大会が開催されているらしいです。
やっぱりスイーツ(笑)という言葉からスイーツ(笑)甲子園(笑)みたいな感じで
それはそれはさぞかしネタなイベントなんだろうなーと思って調べてみたら
至って健全で真面目な大会でした。申し訳ございません!!

毎回テーマが決まっており、それに沿ったイメージをスイーツを使ってデザイン
パティシエというからには一人というイメージが強いんですが、三人一組のチーム戦です。
現場ではスイーツをデザインするのも作るのも味を考えるのも一人ではなく、店として、チームとして
色々なアイデアを練ることを今から習慣付けさせているのかな??とか思ったり。
実は結構伝統のある大会で、今年の大会はもう終わっているんですが7回目だそうで
貝印スイーツ甲子園という名前から分かる通り、貝印という会社がスポンサーになっています。
別にお菓子メーカーではなく、髭剃りとかが有名なメーカーなんですが
調理器具とかも作ってるみたいで、なるほどなぁというところでした。

ちなみに今年のテーマは「私たちのおもてなし」というものらしく
先ほどまでテレビでその大会の様子が放送されていたらしいです。
この記事書いてるの今現在で17:23なんですが、17:15までやってたらしい!見たかった!!!

大会結果だけ見れたので、それを見て行きましょう。

photo1_2.jpg

これが優勝した「レコールバルタン高等部」の作品
作品名は「Monde du reve」日本語でおk
読み方は「ポッシュドレーヴ」
フランス語で「夢のポケット」というらしいです。
コンセプトとタイトルの意味がよくわかりませんが、このチョコ菓子を
上手いこと中身だけくり抜いて薄くアレしてる技法は凄いですね。


photo2_2.jpg

続いて2位の「専門高校野田鎌田学園高等課程」の作品
作品名は「先生へ感謝を込めて」
すごい。飴細工が綺麗で載ってる菓子細工の生徒と先生?ですかね。かわいい。
こんなに綺麗に作れるもんなんですね。デザインセンスがすごい。


photo3_2.jpg

最後に3位の「奈良女子学校」の作品。
作品名は「雅〜一瞬の出会い〜」らしいです。
かなり「????」なタイトルですが、まぁなんか和と洋のマッチングでもあったんでしょうか
素人にはちょっと解説がないとわからない(笑)

しかし会場は以外にも秋葉原。ヲタクの聖地ですね。
なんか銀座とかでやるような雰囲気のあるオシャレな大会なのでびっくりですよ。
アキバ・スクエア自体はよくイベント事で使われはしますが
はじめてアキバ来た高校生とか色々びっくりしちゃうんじゃないかなと思いますね。
良い街ですが(笑)
コメント
コメント投稿フォーム:
Copyright (C) トレンディウォーカー. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。