トレンディウォーカーTOP ≫  ニュース

ニュース

【サムスンショック】日立マクセルが早期退職者を募り始める…。

hitachi_sk.jpg

しょうがないことではあると思うのですが、日立マクセルが早期退職者を募り始めたそうです。
強制リストラとは違う辺りがまだ企業イメージを損なわない感じで良さげですが
辞めたいと思ってた人は抜けていくと思いますが、こういうのは一定の割合に達しなかった場合
別途査定により解雇通達が行くのが多いんですよね。私の前の会社がそうでした。

事の発端となったのはサムスンショックと呼ばれるもので
今までは日立マクセルがリチウムイオン電池を製造しており
それを韓国向けの高級スマートフォン「サムスン」に対して供給をしていたのですが
中国もスマートフォンメーカーの台頭が激しく、iPhoneも恐ろしいほどの高級さではあるものの韓国でもトップと言えるほどに人気となり、今年に入りサムスンのスマートフォンシェアは急激に落ち込んだとのこと。日本国内でもサムスンのスマートフォンはかなりシェアが落ち込んでおり、2014年3月のデータですが、スマートフォン市場においてサムスンの国内シェアは4位。割合にして6.9%と、一つのシェアとして見ると大変に少ないものとなっております。当然これが韓国でも起こり、となればスマートフォンの製造そのもののラインを縮小するしかないので、それに伴った日立マクセルのリチウムイオン電池の需要も落ち込んでいきます。

どれほどの落ち込みを見せたかというと、2015年3月期の業績予想をかなり下方修正して
営業利益見込みを85億円から51億円まで引き下げました。
これは差し引いた34億円全てがリチウムイオン電池を示しているわけではなく
当然全てをひっくるめた営業利益なので、他の部門も怪しい物があれば下げて
伸びしろのいい部門は少し盛って、なんてのをした数字なんだとは思いますが
それでも今回のように早期退職者を募り、部門を縮小し、かつ営業利益の大幅修正までするのだから
やはり大きく伸び続けたシェアだったとはいえ、流用できない技術・または流用先の少ない技術の事業というのはここまで脆いものなんだなと痛感させられますね。そりゃ下請けが悲鳴を上げるわけですよ…。

今回の退職者というのは社員2500人中5%前後に当たるそうで
数字にすると125人。決して少ない数字ではないです。それだけこの部門に芽がないってことでしょう。
早期退職の対象となるのは40代以上の正社員とのことで、若い人材を別の技術を育てるのに使い、年老いた人材を成長の芽が薄いために未来を見据えて対象とすると言えば聞こえはいいんですが、40代からの転職ってのはなかなか厳しいというのが実情であり、果たして希望退職者が「全体で」5%の状態で、仮に6割が40代の正社員であったとして、家庭もあるだろうし、家のローンもあるだろうし、大企業に務めてきて安泰だと思ってきた人生が突然に大海原に擲(なげう)たれるわけだし、到底5%も集まるとは思えませんね。あとは「圧力」で数字を上げていくしかない。世話になった上司に「私も身を引くことにした。君も一緒に頼むよ。最後の頼みだ。」なんて言われたら断れやしませんからね。たとえその上司の言葉が更に上からの圧力であったとしても、ですよ。
もちろん退職者には退職金も支払われますし、退職加算一時金も出るので当面の生活には困らないでしょうし、再就職支援も行うと謳っているのだから、早々に困ることはないんでしょうけど、やはり世間体なんかもあるので早く仕事も見つけなきゃだし、40代過ぎてからの新規スタートってのはプライド的にも色々考えるものがあるでしょうし。いやはや不景気ってのは恐ろしいなと思います。

【除菌する加湿器】紫外線で水を除菌してから加湿する加湿器がダイソンより発売!!

ダイソンがまた凄いものを出します。ロボット掃除機を作ったダイソン。
今度作るものは「除菌する加湿器」です。

なんだそれ!!って感じですが、つまりは加湿する前の水を紫外線で除菌してから
ミストにして吹き出して加湿を行うというもののようです。
商品名は「Dyson Hygienic Mist」(ダイソンハイジェリックミスト)
なんだかすごくおしゃれな感じが名前から出てます。

dyson-humidifier.jpg

こんなフォルムみたいです。
やっぱり水なので、中には多数のバクテリアが居るわけですが
このバクテリアを99.9%殺菌して、夜の眠りを快適にする!とのこと。



まずは水を超音波で細かい霧にして
バクテリアを殺す「ウルトラバイオレット・クレンズテクノロジー」というなんか技っぽい技術を使って殺菌。そして加湿された空気を部屋全体に均一に送り出す「エアマルチプライアー・テクノロジー」にて循環をはかるみたいです。

なんでも、加湿器としては今までに加湿するための水を除菌するというコンセプトがなかったらしいです。
水は各自用意するものですが、なるほど確かに水道水の水質が悪いと元も子もない気がしますね。
水タンクに一度水を入れると18時間稼働するらしく、そこは「Dyson Hygienic Mist」(ダイソンハイジェリックミスト)の技量の見せ所って感じですね。18時間も持つことがすごいなと思いますし(私の加湿器は8時間ぐらい。。。)18時間可動前提ということは水は2〜3日は変えなくてもOKということだろうか??

発売は日本が先行らしく、米国ではジョン・ルイスが2015年3月に独占販売の予定。
日本では2014年11月6日の発売予定です。お値段は63,504円とちょっと高め(笑)

【フリック入力で長文】卒論やレポートををキーボードを使わずにタブレットやスマホのフリック入力で書く若者が増えている?!

にわかに信じられないことですが、卒論をパソコンのキーボードを使わずに
フリック入力で済ませてしまう人が増えているらしいです。
いや、信じられない。フリック入力ですよ?ただでさえ長文書くのが面倒なタブレットやスマートフォンの
あのフリック入力で書いてしまうんだそうな。ひえー…。

iphone_frick1.jpg

確かに慣れてしまえばフリック入力ってのは意外と快適です。慣れるまでかなり苦痛ですが…。
でも!!それでも!!ありえないと思うんですよ。すごいぞ今の若者。
昔はガラパゴスケータイ。通称ガラケーで異様な速度で文章打つ人も居ましたし
なんだかそれを思い出すような感じがしましたよ。

しかしながら私、逆に考えてみたいんですよ。
何故ありえないと思うのか。これは多分「キーボードをブラインドタッチ出来る」からこそでは?と

キーボードをブラインドタッチで入力ができる。
要するにタッチタイピングが行えるっってことなんですが、それなら明らかにパソコンのキーボードを
使って入力をしていったほうが効率的ですよね。
しかし、それがもし出来ない場合は?キーボードをいちいち見ながら打っては変換がぐちゃぐちゃで
消してやり直したりしている場合ではどうでしょうか?それだったら「ええい今からパソコン入力なんてまどろっこしい!見ながら打てて消せる携帯で入力しちゃえ!!」という発想に至ると思いません?
そう考えるとあながちありえないとは言いがたいのかもしれないと思いましたよ。

ただ実際社会に出るとタッチタイピング出来ないとかなり苦労します。
流石に出来ておいたほうが良いかと思いますし、せっかく大学に入ったらノートPC買わされるんだし
有効に活用したりしたほうが良い気もしますが…そこら辺はどうなんでしょうね。
2000字程度のレポートであれば別にPCでなくてもい良いのかもですが、2万時弱の卒業論文とかだと
やっぱりパソコン使わないとしんどいなぁと思います。

そういう時代が来てる、というのもまたひとつの事実なので
キーボード側ってのも進化する必要があるのかもしれませんね。
若干お値段するキーボードとかだとキー音静かでいいんですが、だいたい会社とかにあるキーボードって
もうホントにガッチャガチャうるさいし、家で静かなBluetoothキーボードとか使って入力してると
それはそれで快適なんだけど会社のキーボードと微妙に配列ズレて打ちづらかったりもするわけで。
まだまだ規格的には全然ダメダメって感じですよね。

ah_mouse.jpg

こういうのが出来る時代がくればいいんですよ。ガラスキーボード。うるさくない。
これは2011年に発表されたガラスキーボードの「bastron」です。残念ながら発表後にどうなったかは分かりませんが、音沙汰がないので頓挫したのかもしれません。色々と問題はありますからね。個人用ならいいんですが共用に使うにはコストかかるし普通のキーボードですら冷静に考えるとめちゃくちゃ汚いはずなんですがガラスだと目に見えた指紋が分かったり脂ぎった人のあとに使いたくないとか、まぁそういう意味で実用面はかなり薄く個人用のファッションアイテムだなぁというレベルでした。
流石にこれは一例ですが、若者がもっと使いやすいと思えるようなキーボードや
タッチタイピングの取得を中学過程等で義務化したりしてもいいかもしれませんね。

【エアバッグリコール】米国でトヨタリコール問題!原因はタカタ製エアバッグ 24.7万が対象。

私の名前がタカダなので、タカタ製エアバッグ問題でリコール!!
とか言われるとちょっとドキッとしますね(笑)

img_safety02l.jpg

さて、米国トヨタでリコール問題が発生しました。なんか良くリコールしてる気がしますね。
発表された内容としては、米国トヨタが24.7万台のトヨタ自動車をリコールするというものですね。
原因となったのはエアバッグ。タカタという会社で作られていたエアバッグに問題があり
エアバッグのインフレーター(エアバッグを膨らませるガス発生装置らしい)に不具合があり
それにともなってなんと!金属片が飛び散るおそれがある!!と
米道路交通安全局(NHTSA)が発表しました。

いやはやエアバッグで金属片が飛び散るって相当に怖いですね…。
万が一に備えて自分を受け止めてくれるエアバッグから金属片が飛んできたら
加速度も伴って逆に大怪我してしまうような気がしますよ…ひえええ…。

このトヨタのリコールによって、他の自動車会社が実施したタカタ産エアバッグのリコールは
なんと450万台!!恐ろしい数字ですね。タカタ産エアバッグの信憑性がもう怪しいことになってしまいました…。
今回のリコールにおいて、トヨタ広報は「死亡事故や衝突事故、けがの報告は受けていない」とのことですので
早めに分かって良かった!というところですね。

さてこのタカタという会社はどんな会社なんでしょうか。
主に車のチャイルドシート、シートベルト、エアバッグ、インテリアパーツ等
車の安全を守るものを作っている会社のようですね。
しかし今年の6月にもリコール問題を起こしているようで…。
一説によると、ホンダのリコール問題で最も多いリコール原因はタカタ製エアバッグに問題があったり
2000年初めあたりでは、同様の金属片が飛び散る不具合によって死亡事故も起こしており
今後のタカタの行く末が心配なところですね。
しかしそうそう乗り換えることの出来るエアバッグメーカーなんてあるんでしょうかね。
まずあったとしてもこういう商品なので、信憑性が非常に重要ですし。
車業界としても柔軟性が試される部分なのかも。

タンザニアで魔女狩りを称した殺人が発生。おそろしい…。

もうすぐハロウィン。魔女のコスプレや魔女をモチーフにした飾りなんかもちらほら見かける平和な日本
なんと海外のタンザニアでは、リアル魔女狩りが発生していました…。

sriimg20080919-9748468-0-data.jpg

事の顛末は、「性的喪失を失うような呪いをかけられた」と信じ込んだ男性数名が
女性2名のことを「魔女」だと思い込み、その女性を惨殺したというものです。
なんとも恐ろしい事件ですね…。
犠牲になったのは80代の女性と、その娘の45歳の女性。
かなり惨たらしくメッタ斬りにされていたらしいので、いわゆる思い込みで片付けるよりも
妄執という言葉がふさわしいのかな、と思う事件ですね。

これが今回の件だけなら(タンザニアにあるかは知りませんが)精神鑑定とかなんでしょうけど
そういうわけでもなく、なんか比較的に起こる事件らしいんですよ。
黒魔術的な風習が残っているタンザニアだからこそ、こういう魔女を信じてしまうという事象が起こりえるので
比較的こういう魔女狩りのようなことが起こってしまうらしいんです。物騒ですね…。
この事件が起こった前週には、小屋をまるごと焼いて7名の女性を殺害する魔女狩りが発生したそうです。
日本ではなかなか考えられないことですが、それは日本が先進国だからってだけで
比べるのはいささか極論めいてはいるものの、日本がいかに平和な国かってのを実感しますね…。

統計によると、タンザニアでは毎年約500人の女性がこの魔女狩りと称した殺人の被害にあっているみたいで
2005年〜2011年の7年間で約3000人の方が犠牲になっているみたいです。
被害者のその多くが高齢の女性で、目が充血して赤くなるために魔女のように思われるという
なんとも……それはあんまりでは……。と思ってしまうような理由みたいです。
無論それで目が赤い=魔女だ!というわけではないのですが、風習としてそれらが信じこまれているが故に
何かしらの不調や不運が重なったりして、それに対する外的要因を探していたりして
結果として魔女のせいだ!というふうな錯覚を起こすのかもしれませんね。
しかも目が充血する理由が、貧困地域で燃料として使われる牛糞らしいので
たしかにそういう地域では情報統制というか、教育的常識の浸透とかが難しくて
昔からの風習が優先されてしまうのかもしれませんね。

ダイキン製エアコンにリコール問題!修理費用は20億円!!!!

メーカーさんも大変ですね。ダイキン製エアコンにリコール問題が発生しました。
ダイキンというメーカーは聞いたことがないなぁと思ったんですが

01_final_image.jpg

ダイキン工業というメーカーで、「うるるとさらら」とかが有名みたいです。
ああ、名前は聞いたことがありますね。ずっとHITACHIだと思ってましたが(笑)
我が家のエアコンは全部HITACHIなのでとりあえず大丈夫でした。

何やら発火騒動が15件起こり、うち10件においては消防車が出動する事態にまでなって
リコール対象になるのは2006年9月〜2011年4月の間に製造された
うるるとさらら系で26万台、うるおい光クリエール系も合わせて58万台だそうです。
すごいなぁ。何よりリコール期間が長いなぁというのもありますね。
58万台ぶんの無料点検・修理(リコール)で20億円ぐらいかかるらしいです。
20億円ってすごいよなぁ。と思います。ホントに。
全国各地だからダイキン社員さんはもうそれは大変なことになってるんでしょうね…。

原因はコンデンサーの劣化によるひび割れ、ショートらしいので
耐久面そのものがよくなかったのかもしれませんね。
車とかのリコールはよく聞くけど、エアコンのリコールってあんまり聞かないですよね。
あとファンヒーターとかそういうのもよく聞くんですが
やっぱりイメージ的には余り感じませんが、エアコンも電気機器なので
ショートなんかすると当然火事の原因にもなりますし、なかなか怖いもんですね。

失神ゲーム……人は同じ過ちを繰り返す

ガンダムのアムロが言ってましたね。「人は、同じ過ちを繰り返す…まったく。」って
そのニュースたるもので今話題になっているのが失神ゲームです。
胸ドンとかも言われていたりしましたね。
私が小学生の頃、もう20年ぐらい前ですが、やっぱり同じようなものが流行りました。
ホントに失神したりすることは稀なんですが、やっぱりあれすごくキツイんですよね。
体育教師だか生活指導だかが「オイ!」って言って胸をドン!って押して倒すのを見て
流行ってたような気がします。
今の御時世そんな教師もいないと思うんですが、いやはやどこで流行りは繰り返すんでしょうか。
なんとwikipediaによると米国では毎年40人前後が死亡しているという恐ろしいものです。
遊び、ではないんですよね。ゲーム、でもないんですよ。
立派な傷害です。失神ゲームという名称そのものが子供に対して危機管理の薄さを物語っているのかもしれませんね。

胸ドンとは別だと、高校の時もちょっとこれに似たものが流行ったんですよね。
柔道の授業があって、寝技ごっこみたいなのが流行って、絞め技とかでギリギリまでアレするやつ。
私はされた覚えはないんですが、あれ顔色が大変なことになるんですよ。そりゃ酸欠だからね。
それらを見ながら愉しんでるってのもまた変な話なんですが、高校生なんてそんなもんですよね。
酸欠状態から急に酸素を取り込むだけで脳組織に以上が出たりして後遺症が残ったりするので
ホントに危険なんですよ。
気持ち的にはプロレス見た後にプロレス技真似たりするのに似てるんでしょうけど…。

うーん、やっぱり失神ゲームって名称そのものがよくないような気がしますね。
ゲームと現実の区別がつかなくても許されるのは子供の特権なんですが
その特権が間違った方に作用すると、こうなってしまうのかもしれません。

「ノーウェア」という会社を「コンバース」が訴える!!!

コンバースがノーウェアという会社を訴えたそうです。
コンバースと言えばスニーカーとかが有名ですね。私が愛用しているスニーカーもコンバース
コンバースはダサいとか言われちゃうんですが、なんだかんだで落ち着いちゃう。
コンバースとエドウィンばっかり買ってる気がします(笑)

さてそのコンバースですが、どうやら今回「ノーウェア」という会社を訴えたそうですね。
ノーウェアは東京の会社。コンバースはアメリカの会社。訴訟大国流石って感じですね。
理由としては商品の模倣によって衣装デザインの侵害ってところらしいです。
その理由として、先端をゴムで覆うなどの技術を模倣されたと主張しています。

え?それって特許的なやつだったの???というのが今回調べてみて思ったことですね。
調べてみると元々は靴のメーカーってわけじゃなくて、コンバースはゴムを主流にして成長したみたいで
元々ゴム素材を開発したコンバースが特許を取り、スポーツの主流化により(バスケットボールやテニス)
靴に対してゴム素材を使う需要が増えることで一当したみたいですね。
1917年にALL STARという最初のコンバースゴムバスケットシューズが発売したのが始まりで
そこから2002年にナイキに買収され、子会社化した今でもかなりの数を売り上げているみたいです。

で、調べてみるとコンバースはかなり特許を取ってるみたいで
これは日本側のノーウェアは相手の大きさを考えても勝つのは厳しいかなぁと思えてきますね。

今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは「デミオ」!!!!

今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーはマツダのデミオに決まりました!!

MAZDA-Demio-Hozumi_07.jpg

マツダのデミオです。昨今だと色々な子供の名前が出てきているので
松田デミオくんなんて子供もひょっとしたら居るのかもしれませんね(笑)

ちなみにこの新型デミオ、リッター30kmも走るらしいですよ。CX-5とも呼ぶらしいです。
あくまで理論値なので体感値がどの程度かってのは乗り方にもよると思うんですが
高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」というものを搭載しているらしく
JC08モード燃費が0.4km。これによりエコカー減税75%に対応しているそうです!!!

減税に対応しているってことはそれだけ安く買えるようになるってことですね。
銀行のローンによってはエコカー該当しない限りは(それこそ減税や低排出ガス車認定など基準は銀行おローンによって様々ですが)組めない低金利ローンがあったりするので、そういう意味でもエコであればあるだけ嬉しいですね!ロハス政治時代ではありませんが、エコたることがステータスになりつつあり、多くの大型車もエコカーを関するようになってきた昨今、エコカー減税75%に対応している車はあまりないので、その点でも一つのステータスとして差をつけることが出来ます。うちのデミオはお宅の車よりも断然エコなのよ!ホホホ!という具合です。何時の時代だ。


さておきそのお値段が実に178.2万円。そこまで高くないかなって感じですね。
昨今流行りのN-BOX系でもそれぐらいですし、将来的にも考えて軽自動車である点というのは
税金が安いという点では勝りますが、実際にローンを組むにあたって考えると買い換える際に
長く乗れる、家族が増えても大丈夫、何より歳とともに軽自動車に乗ることに自分のプライドが
ちょっとずつ燻っていったりするので、買い換える車としてはなかなか良いのではないでしょうか。
税金がちょっとネックですが月5000円でも貯めてれば賄えると考えると、燃費のいい、少なくともプリウスやAQUAみたいな燃費思考だけで多い車とは違ってフォルムもカラーも良いので、普通自動車に変えようと思ってる人には朗報の発表かもしれませんね!!
Copyright (C) トレンディウォーカー. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。