トレンディウォーカーTOP ≫  トレンド

トレンド

【声優は裏方】最近の声優は表舞台にも出る。藤原啓治がTVCM出演!!

声優というのはアニメとかで声を当てる人のことですね。
いわゆる夢、イメージを売る仕事という風に称されてきており
昔から声優は声のイメージ、キャラクターのイメージを壊さないように
声優個人としての情報は出来る限り表舞台には出さない。
という風な風潮がありました。

あったと思ったんですが……どうやらそれは遠い昔のことのようで
今では別にそんなことなかったぜ!!という感じらしいです。

seigura_201011.jpg

というのもまぁ、こういう「声優グランプリ」みたいな顔出しおっけーなモノが出たり
DVDの特典(BDが主流なのかな。)で付いているオーディオコメンタリーディスク
あとは単純にアニメというコンテンツ、オタクと呼ばれているアンダーグラウンドだった存在が非常に数が増えてきて、市民権を獲得した(と勘違いした人も多いですが、グゥレイト!数だけは多いぜ!というだけで未だに蔑称であることを忘れてはいけない。)と、ある意味スラング的な呼び方だったものがひとつのクラスタを定義するものとして定着するまでに至りました。そこは凄いですよね。

というわけで、声優には今「声」だけではなく「顔」も重視されるようなっており
最近では「踊り」も必要になってきているようです。凄い。
声優のアイドル化。というやつですね。

こんな話題を書いている理由は以下のテレビCMです。



いやはやびっくり。あの藤原啓治です。クレヨンしんちゃんことクレしんの映画CMなんですが
あの藤原啓治がテレビCMですよ。もちろん実写で。いや凄い時代ですね…。
女性声優だけなら、まぁ分からなくもないかなと思ったんですが
まさかの藤原…びっくりでしたね。



こちらはラブライブ!スクールアイドルフェスティバルというゲームのCM
このゲームはスマートフォンとかタブレット向けのいわゆる音ゲーみたいですが
プレイされているのは声優の久保ユリカ・飯田里穂両名になります。
コンテンツそのものは存じ上げませんが、こういう風に声優がメディア面に出てくるようにもなってきて、時代は変わったんだなぁと思い知らされました。

となると「声が」良いという人はやはりアニメ的な業界では生きづらくなるのかもしれません。
声+ビジュアルが要求されるので。例えばそう草柳順…ゴッホゴッホ…持病の発作が。
今の時代を逆行する歌手ユニットClariSのように徹底的なメディア露出を嫌った形を取れば良いのかもしれませんが、それでは今声優に要求されているサブディレクションを満たせないので、難しいのかもしれません。

【世界的ブーム!?】知らない間にけん玉が世界的にブームになっていた!!!

f5440a7ac25190.jpg

けん玉です。あのけん玉です。実は世界的に大ブームしているらしく
中には「高級けん玉」と呼ばれるメーカー品まで出ているほどです。
夢元というメーカーのけん玉が高級ブランド品らしく、オークションの落札履歴もすごいことになっていました。

kndm.jpg

3万円…けん玉が…。
なんでもこの夢元というけん玉は、キワタ木工がは2003年から2007年の間にけん玉を作っていて
細部にまでこだわった技工が素晴らしいと世界的に評価されており
製造中止後は「伝説のけん玉」としてファンが付くほどだったらしいです。
最近では海外のファンが急増し、「夢元無双」として復活したそうです。

知らない間にけん玉が何故かそんな世界的ブームになっており
一体何故突然の流行なのか……。と思ったら2012年ぐらいからじわじわと流行っていたようです。
元々は日本帰りの観光客がけん玉を自分の国に持ち込んだのが始まりだったらしく
そこから音楽に合わせて技を決めるというストリートパフォーマンスのような点が
海外でヒットしたらしく、海外で流行るきっかけになったみたいです。
たしかに日本では粛々とけん玉するので、軽快な音楽に合わせてパフォーマンスするという
大道芸のような用い方はなかなか生まれなかったと思うので
まさに異文化コミュニケーション(笑)ですね

これはまた日本でも再ブームするかもしれませんね、けん玉!!!

ハロウィンまであと2週間ですよ!!

日本ではなかなか馴染みのない文化ですよね。ハロウィンって。
冷静に考えて「お菓子くれなきゃイタズラしちゃうぞ!!」なんて言った日には通報ですよ。
ただ異文化でもなんとなく風習的に祝っちゃうのが日本人ですよね。
似た文化だと、昔の十五夜ですね。仮装とかはしませんが、知らない人の家に突撃しては「お菓子ください!!」っていうやつ。
流石に今の御時世もう見ない文化な気はしますが、どうなんでしょうね。

元々ハロウィンってのは日本でいうところの迎え火みたいなところがあるらしいです。
10/31にこの夜は死者の霊が訪れる特別な日。ただ反面有害な精霊とかが現れる日でもあったらしく
それらから身を守るために女性が魔除けの火を炊いていたらしいです。

13090102.jpg

その風習が転じて、カボチャをくり抜いたものに火を灯し魔除けのような形を取り
そのくり抜いたカボチャの中身を使ってカボチャのお菓子を作る。
それを目的として子どもたちが
「トリック・オア・トリート!!(お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ!!)」
と、練り歩いて集めたお菓子でハロウィンパーティをするそうです。
子どもたちが魔女やドラキュラの火葬をするのは、いわゆる悪い精霊が現れることを踏襲しているみたいですね。

最近の日本ではこのハロウィンが時折話題になったりしますよね。
10年ぐらい前はハロウィン?異文化乙みたいな感じだったのに。
今ではクリスマスよろしくショッピングモールでハロウィンの飾り付けがされたりしますね。
乗れる文化にはとりあえず乗っとく。実に日本人らしさに溢れた感じがしますよ。

なんと知りませんでしたが、ディズニーランドではハロウィンのイベントをやってるそうですよ!!
もちろん東京ディズニーランドだけではなく、東京ディズニーシーでもやってるみたいです。
しかも毎年。流石は海外からのランドですね。そういうところには流行る前からも目ざとい。
実際こういうイベントが増えていくと興行収益もよくなるし、何より私達もなんとなく
毎日過ぎてる平日に色をつけることが出来てハッピーな気がしますね。
Copyright (C) トレンディウォーカー. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。